データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、「3番・DH」で第1打席は右飛 エンゼルスは急遽昇格の今季初先発右腕が初回失点

2019/07/27

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , ,



後半戦初本塁打なるか

 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が26日(日本時間27日)、本拠地エンゼル・スタジアムでのボルティモア・オリオールズ戦に「3番・指名打者(DH)」で先発出場し、第1打席は右飛に倒れた。
 
 エンゼルスは前日に10人の投手を起用したため、この日は急遽昇格させたニック・トロピアーノ投手を先発マウンドに送った。一方、2試合連続無安打の大谷は、オリオールズの先発右腕アッシャー・ウォジャハウスキー投手と対戦。シーズン後半戦初本塁打に期待がかかった。
 
 今季3登板目にして初先発となったトロピアーノは、初回に死球で出した走者を盗塁などで三塁まで進められ、最後は犠飛によって結果無安打のまま先制点を許す。
 
 その裏の攻撃、エンゼルスはウォジャハウスキーに対して先頭のデビッド・フレッチャー内野手が空振り三振。前日に3安打した2番のマイク・トラウト外野手は二飛と簡単に2アウトとされた。
 
 そして3番の大谷はフォーシーム中心の攻めの中でカーブを交えられ、カウント2-2からの5球目、低めの82.6マイル(約133キロ)のカーブを捉えたものの、鋭い打球は惜しくも右飛となった。エンゼルスは初回3者凡退に抑えられている。 
 
エンゼルスのスターティングメンバ―は次の通り。
 
<エンゼルス>
1番(三)デビッド・フレッチャー
2番(中)マイク・トラウト
3番(指)大谷翔平
4番(左)ジャスティン・アプトン
5番(右)ブライアン・グッドウィン
6番(遊)アンドレルトン・シモンズ
7番(二)ルイス・レンヒフォ
8番(一)マット・サイス
9番(捕)ダスティン・ガーノウ
(投)ニック・トロピアーノ