データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、第2打席は外角低めに見逃し三振 エンゼルスはマリナーズ右腕に4回まで走者出せず

2019/07/20

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , ,



カウント作りから徹底された外角攻め

 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が19日(日本時間20日)、敵地Tモバイルパークでのシアトル・マリナーズ戦に「3番・指名打者(DH)」で先発出場し、第2打席は見逃し三振に倒れた。
 
 2試合ぶりに先発出場を果たした大谷はこの日、試合前まで過去13打数6安打(1本塁打)打率.462と相性の良い右腕マイク・リークと対戦。しかし、初回の第1打席はスライダーを捉えながら中飛に倒れた。
 
 エンゼルス先発のテイラー・コール投手、マリナーズ先発のリークの投げ合いで始まった試合は、2回まで無得点と静かな立ち上がり。エンゼルスは3回からハイメ・バリア投手が登板し、2死からディー・ゴードン内野手に左前安打を許すも無失点でしのいだ。
 
 4回、大谷の第2打席は再び2死走者なしの場面で訪れ、外角中心の組み立てをされた末にカウント1-2から最後も外角低め87.4マイル(約141キロ)のカットボールみ見逃し三振を喫した。大谷はこの打席を終えて打率.299と3割を切っている。
 
 一方、マリナーズのリークは4回まで1人の走者を許さないパーフェクトの投球を続けている。