データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、13試合連続出塁&2試合連続マルチ エンゼルスは9点差大敗で連勝「5」でストップ

2019/07/18

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が17日(日本時間18日)、本拠地でのヒューストン・アストロズ戦に「3番・指名打者(DH)」で先発出場し、3打数2安打1四球の活躍。チームは2-11で大敗した。
 
 アストロズの先発は、高い奪三振能力をもつ剛腕ゲリット・コール投手。大谷は第1打席で四球を選び、連続出塁を13試合に伸ばした。3回2死一塁で迎えた第2打席は、低めのツーシームをうまくすくい上げたが、中堅手ジェイク・マリズニックの好守に阻まれ中飛に倒れた。
 
 第3打席は、低めの変化球を逆方向へ巧く捌き左前安打。8回の第4打席では、2番手ジョー・スミス投手が投じた低めのシンカーをセンター前に運んだ。
 
 この日の大谷は3打数2安打、1四球の成績で、打率.303、OPS(出塁率+長打率).907としている。
 
 試合は、今季主に第2先発を務めていたフェリックス・ペーニャ投手が先発マウンドに上がるも、初回から打ち込まれ、5回途中8失点で降板。2番手ルーク・バード投手、3番手ルイス・ガルシア投手は粘投したが、序盤の大量点が響いた。打線では、この日マスクを被ったダスティン・ガーノウ捕手が本塁打を含む2安打2打点と気を吐いた。