データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、剛腕コールからレフト前安打 エンゼルスは10点ビハインドも巻き返しなるか

2019/07/18

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が17日(日本時間18日)、本拠地でのヒューストン・アストロズ戦に「3番・指名打者(DH)」で先発出場。第3打席でレフト前に安打を放った。
 
 アストロズの先発は、155キロを超える速球を次々と投げ込んでくる剛腕ゲリット・コール投手。大谷は第1打席、2死から四球を選び、13試合連続出塁をマークした。3回2死一塁で迎えた第2打席は、低めのツーシームをうまくすくい上げたが、中堅手マリズニックの好守に阻まれ中飛に倒れた。
 
 5回、ガーノウのソロ本塁打で1点を返すと、2死から安打で出塁したシモンズを置いての第3打席は、カウント2ボール2ストライクからの5球目、低めのスライダーを逆方向へはじき返すとレフト前に運んだ。
 
 エンゼルスは、初回にブレグマンの適時二塁打、ブラントリーの13号2ランで3失点。2回以降もアルトゥーベの2点適時打やスプリンガーの3ランなどで大量11失点を喫しており、1-11と大きくリードを許す展開となっている。