データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、第3打席は二ゴロで3打席連続安打はならず エンゼルスは反撃されるも中盤大きくリード

2019/07/17

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , ,



先発ヒーニーが再三走者置くも粘りの投球

 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が16日(日本時間17日)、本拠地エンゼル・スタジアムでのヒューストン・アストロズ戦に「3番・指名打者(DH)」で先発出場し、第3打席は二ゴロに倒れた。
 
 初回に大谷の先制適時打から一挙6点を先制したエンゼルスは、2回に大谷が早くも第2打席を迎え、アストロズ2番手のクリス・デベンスキー投手から打球初速118マイル(約183キロ)の中前安打を放ち2打席連続安打。4日(同5日)以来今季20度目となるマルチ安打をマークするとともに直後に6個目の盗塁を記録したが、得点には繋がらなかった。
 
 一方、エンゼルス先発のアンドリュー・ヒーニー投手は、初回から再三走者を置き球数を要しながらも決定打を許さず3回まで無失点。しかし4回に無死二塁からタイラー・ホワイト内野手に適時打を浴びてこの日初失点を喫した。それでも、ここから2者連続で打ち取るなど2死一、二塁とすると、2番ホセ・アルトゥーベ内野手を見逃し三振に仕留めて1失点のみでしのいだ。
 
 6-1と1点を返されたエンゼルスは、直後の攻撃で2死走者なしの場面で大谷が第3打席を迎えた。アストロズ3番手のロヘリオ・アルメンテロス投手と対戦し、カーブ、チェンジアップ、フォーシームを見ながらフルカウントとすると、7球目の内角91.2マイル(約147キロ)の速球を捉えきれず二ゴロ。この日初めての凡退となった。