データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



エンゼルス、トラウト不在も打線つながり逆転勝ちで4連勝 大谷翔平は11戦連続出塁をマーク

2019/07/16

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手は15日(日本時間16日)、本拠地でのヒューストン・アストロズ戦に「3番・指名打者(DH)」で先発出場。四球を記録し、11試合連続出塁とした。チームは9-6で勝利し、4連勝を飾っている。
 
 オールスターブレイク後3連勝中と勢いに乗るエンゼルス。だが、マイク・トラウト外野手が、前日の試合で右ふくらはぎを痛めた影響で、この日の先発を外れた。2番にはアンドレトン・シモンズ内野手、中堅手には、同日3Aから昇格したマイケル・ハーモシーロ外野手が就いた。
 
 初回、エンゼルス先発のグリフィン・キャニング投手が、2死から4者連続四球で先制を許すと、2回にも四球とワイルドピッチが絡み、2回途中で降板。エンゼルスに嫌な流れが漂った。
 
 しかし、2番手テイラー・コール投手の好投で流れを引き戻すと、3回にシモンズの5号ソロで2点差とする。さらに4回、ジャスティン・アップトン外野手、アルバート・プホルス内野手の連続二塁打で2点目。ケバン・スミス捕手の犠飛で同点に追いついた。
 
 5回には、無死二、三塁からシモンズの内野ゴロの間に勝ち越しに成功。続けて1死満塁のチャンスで、プホルスが2打席連続適時打を放つなど、この回4得点を挙げ、7-3とアストロズを大きく突き放した。
 
 6回にジョージ・スプリンガー外野手の2ラン本塁打で2点を返されるも、7回裏にスミスが右二塁打を放つと、プホルスの好走塁もあり再び4点差とする。8回にはスプリンガーの2打席連続弾で1点を返されるも、エンゼルス救援陣が何とか逃げ切り、9-6で勝利した。
 
 この日の大谷は、4打数無安打(空三振、二直、四球、右直、中飛)、1四球、1得点、1三振の内容で、打率.294、OPS.897としている。
 
 アメリカン・リーグ西地区首位アストロズを破ったエンゼルス。オールスターブレイク後、4連勝とポストシーズン進出へ向け勢いを増している。