データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、第2打席は二直 エンゼルスはシモンズ5号&プホルス適時二塁打&スミス犠飛で3点差追いつく

2019/07/16

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , ,



2番手コールの好投光る

 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手は15日(日本時間16日)、本拠地でのヒューストン・アストロズ戦に「3番・指名打者(DH)」で先発出場。第2打席はセカンドライナーに倒れた。エンゼルスは、シモンズの5号ソロ、プホルスの適時二塁打などで3-3の同点に追いついている。
 
 エンゼルス先発のグリフィン・キャニング投手が、押し出し四球、暴投などでリズムを崩し、2回途中6四球、3暴投、3失点で降板。試合が一気に決まりかねない場面となったが、2番手テイラー・コール投手が、1死一、三塁のピンチでヨルダン・アルバレス外野手を併殺打に打ち取り、傷口を広げなかった。
 
 その裏、フランバー・バルデス投手と対峙したエンゼルス。2死からコール・カルフーン外野手がレフト前にチーム初ヒットを記録。続くケバン・スミス捕手が四球を選び、2死一、二塁。ワイルドピッチで二、三塁の絶好機となったが、ルイス・レンヒフォ内野手がバルデスの緩いカーブにタイミングが合わず、空振り三振に倒れた。
 
 3回表はコールがアストロズ打線をこの日初めての無失点に抑え流れを呼び込む。すると裏の攻撃で2死から、シモンズが反撃ののろしとなる今季第5号ソロ本塁打を放ち、1点を返した。続く大谷の打席は、5球目のチェンジアップを叩いたが、二塁手ホセ・アルトゥーベ内野手に阻まれ、セカンドライナーに倒れている。
 
 4回は、コールがアストロズの上位打線を三者凡退に抑える好投。抜ければ長打コースとなりそうな打球を右翼手カルフーンがダイビングキャッチを披露するなど、味方の守備も好投に応えた。
 
 さらに裏の攻撃では、先頭のジャスティン・アップトン外野手がレフトへの二塁打を放つと、続くアルバート・プホルス内野手がライト線へ2者連続の二塁打を放ち、1点差に詰め寄る。プホルスはパスボールで三塁に進むと、7番スミスの犠飛で生還し、同点のホームを踏んだ。