データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



エンゼルス・大谷翔平、「3番・DH」で第3打席まで3打数1安打 アストロズ剛腕相手に二塁打で6戦連続安打

2019/07/07

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , ,



リーグトップの奪三振誇る右腕コールと対戦

 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が6日(日本時間7日)、敵地ミニッツメイド・パークでのヒューストン・アストロズ戦に「3番・指名打者(DH)」で先発出場し、第3打席までを終え3打数1安打としている。
 
 前日の25歳の誕生日に球界屈指の剛腕ジャスティン・バーランダー投手から2年連続となる本塁打を放った大谷。この日もアメリカン・リーグ最多奪三振(161)をマークしている右腕ゲリット・コール投手と対戦した。
 
 大谷は初回、2死走者なしの場面での第1打席でカウント1-1から84マイル(約135キロ)のナックルカーブを捉えて左翼線への二塁打をマーク。これで自身6試合連続安打としたが、得点には繋がらなかった。
 
 3回の第2打席は100マイル(約161キロ)近いフォーシームをファールにするなど粘ったが、最後は91.6マイル(約147キロ)のスライダーに空振り三振。試合はエンゼルス先発の左腕アンドリュー・ヒーニー投手とコールによる投げ合いで序盤3回まで両チーム無得点と緊迫した展開となった。
 
 試合が動いたのは4回。エンゼルスはヒーニーが先頭から2者連続安打を許すなど2死一、三塁とピンチを招くと、アストロズの7番ジョシュ・レディック外野手に右前適時打を浴び先制点を与えてしまう。
 
 5回にも1点を失い0-2と追いかける展開となったエンゼルス。大谷は1死一塁で迎えた6回の第3打席でフルカウントから98.6マイル(159キロ)のフォーシームに遊ゴロに倒れ、ここまで3打数1安打と2打席目以降コールに苦戦する。
 
 徐々にアストロズが試合の主導権を握る中、エンゼルスは6回から登板した2番手のトレバー・ケイヒル投手もユリ・グリエル内野手にソロ本塁打を浴びて0-3。チームは3イニング連続で失点を重ね劣勢を強いられている。