データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



ダイヤモンドバックス・平野佳寿、ピンチで登板も押し出し四球を献上 慎重な投球が裏目に

2019/06/25

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , ,



 アリゾナ・ダイヤモンドバックスの平野佳寿投手が24日(日本時間25日)、本拠地でのロサンゼルス・ドジャース戦にリリーフ登板。2/3回を無安打無失点としたが、押し出し四球を記録するなど、本調子とは言えない結果だった。
 
 4-3と1点リードで迎えた7回、先発グレインキーが先頭打者に安打を許したところで降板。2番手チェフィンはピーダーソンを三振に取り、1死としたものの、バーデュゴには安打を打たれ、1死一、二塁で平野にバトンが渡る。
 
 平野は、ターナーをスプリットで内野フライに打ち取り、2死までこぎつけた。だが、自身の暴投で2死二、三塁と一塁が空いている状況で、ナ・リーグ首位打者のベリンジャーを迎え、バッテリーは申告敬遠を選択。5番マンシーとの勝負となったが、低めを丁寧に突くも枠を捉えず、すべてボール球となる。慎重な姿勢が裏目に出て、最後はワンバウンド投球となり、同点の押し出し四球を与えた。
 
 なおも満塁のピンチとなったが、続くテイラーはフルカウントまでもつれた末、低めの速球で見逃し三振に仕留めた。なんとか最少失点で凌ぎきった平野。この日は、2/3回(14球)を投げ、被安打0、与四球2、無失点の成績で、防御率は4.66となっている。
 
 ダイヤモンドバックスは8回に4得点を挙げ8-5で勝利し、勝率を5割に戻している。