データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



牧田和久、今季メジャー初昇格 2Aで24試合に登板、投壊中のパドレスに新たな風を吹き込めるか

2019/06/18

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , ,



 今季、サンディエゴ・パドレス傘下2Aアマリロ・ソッドプードルズでプレーしていた牧田和久投手が17日(日本時間18日)、メジャー昇格を果たした。
 
 牧田は今季2Aアマリロで24試合(37回2/3)にリリーフ登板し、3勝2敗、1セーブ、防御率3.82の成績。打者一人からロングリリーフまで万能にこなし、ストライク先行でテンポよく投げ込む投球でアピールを続けていた。
 
 一方、今季のマイナーでの被打率は.282と懸念材料もある。だが、要所を締める熟練の投球術は、ロッキーズとの4連戦(現地14~17日)で48失点を喫した投手陣に新しい風を吹き込む存在となれるはずだ。
 
 昨季、メジャーで27試合に登板し、0勝1敗、2ホールド、防御率5.40と不本意な成績に終わった牧田。苦汁をなめたサブマリンは、このチャンスをものにして、今季メジャーの舞台で輝けるか。