データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、9号3ラン&13度目マルチ! エンゼルスは大砲アップトンの復帰弾などで快勝

2019/06/18

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が17日(日本時間18日)、敵地でのトロント・ブルージェイズ戦に「3番・指名打者(DH)」で先発出場。9号ソロを含む、今季13度目のマルチ安打をマークした。エンゼルスは10-5で勝利している。
 
 エンゼルスは初回、オープナーのガルシアが、ビジオにソロ本塁打を浴びて先制を許す。しかし2回、この日メジャーの舞台に戻ってきたエンゼルスの主砲アップトンが今季初打席で本塁打を放ち、すぐさま同点に追いつく。すると、続くカルフーンも2者連続アーチを放って勝ち越しに成功すると、打線に火がつく。
 
 2死から単打と四球2つで満塁とすると、トラウトが2点適時二塁打。さらに第1打席で三振に倒れていた大谷が、左翼スタンドに飛び込む今季第9号3ランを放ち、この回一挙7得点。エンゼルスが試合の流れを掌握した。
 
 3回、5回にも得点を追加したエンゼルス。6回には、トラウトの今季第20号のソロ本塁打で10点目。続く大谷もカーブをセンターへ上手く弾き返すと、快足をとばして二塁打とした。
 
 エンゼルスは終盤に2本の2ラン本塁打を浴びて5点差に詰め寄られたが、そのまま逃げ切り10-5で快勝。2番トラウト(4安打3打点)、3番大谷(2安打3打点)、4番アップトン(2安打1打点)、5番カルフーン(2安打1打点)に一発が飛び出し、あす以降も期待が持てる破壊力を見せつけた。
 
 この日の大谷は、5打数2安打、1本塁打、3打点、2三振の成績で、打率.283としている。

1 2



  • 記者募集