データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、第4打席までに1安打1四球1盗塁も… エンゼルスまさかの投壊!中盤に一挙5失点し逆転許す

2019/06/15

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手が14日(日本時間15日)、敵地トロピカーナ・フィールドでのタンパベイ・レイズ戦に「3番・指名打者(DH)」で先発出場。第1打席で左前安打を放ち得点に貢献したが、チームは6回に一挙5失点して逆転を許している。
 
 前日にサイクル安打の大活躍を見せた大谷はこの日、レイズ先発の左腕ブレイク・スネル投手と対戦し、初回の第1打席に左前安打。11日(同12日)の第4打席から6打席連続安打をマークし、直後に今季2個目の盗塁を決めて2点目のホームを踏んだ。
 
 2回の第2打席では満塁のチャンスで押し出し四球を選んで1打点。4回の第3打席は遊ゴロに倒れたものの、レイズ野手陣がエラーをする間に三塁走者が生還し、エンゼルスに貴重な追加点をもたらした。
 
 エンゼルスが4-0とリードして迎えた6回、早くも第4打席を迎えた大谷はこの日初めて走者なしの場面で登場。レイズ3番手のエミリオ・パガーン投手に対して、カウント2-2から高めの速球に空振り三振を喫した。
 
 エンゼルスは、投げては先発の左腕アンドリュー・ヒーニー投手が5回まで無失点と好投。しかし6回の先頭打者に二塁打を浴びて降板すると、後を受けた右腕ルイス・ガルシア投手が2本の適時打を許し2点を返された。
 
 なおも2死一、三塁のピンチでマウンドに登った3番手のタイ・バットリー投手は死球を与え満塁。ここで1番のアビザイル・ガルシア外野手が右前へ2点適時打を浴びて4-4の同点とされると、さらにトミー・ファム外野手にも右前へ勝ち越しの適時打を打たれ4-5と一気に逆転を許した。




  • 記者募集