データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、日本人初サイクル安打達成で打率.281に急上昇 エンゼルスは救援陣が無失点リレー

2019/06/14

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が13日(日本時間14日)、敵地でのタンパベイ・レイズ戦に「3番・指名打者(DH)」で先発出場。日本人メジャーリーガー初となるサイクル安打を達成するなど、全得点に絡む大活躍で、チームの勝利に大きく貢献した。
 
 レイズの先発は左腕ヤーブロー。初回、二塁打のラステラと死球のトラウトを塁に置いて打席を迎えた大谷は、3球目の甘く入ったシンカーを捉える。低い弾道でぐんぐん伸びていくと、打球は左中間スタンドに突き刺さり、先制の8号3ランとなった。
 
 3回には、先頭打者として、初球から積極的に振りに行くと、左中間フェンスに跳ね返る二塁打でチャンスメイク。さらに5回は2死から、カーブを強引に引っ張ると、右翼線への三塁打となる。続くプホルスが本塁打を放ち、初回以来となる貴重な追加点となった。
 
 そして7回、レイズの2番手右腕ウッドと対峙した大谷。シングルヒットが出ればサイクル安打達成という場面だったが、ウッドの150キロをゆうに超える速球にタイミングが合わず、2つの空振りで早々に追い込まれる。しかし、フルカウントまで持ち込むと、ファウルで粘り、8球目のスライダーを上手くヘッドに乗せると、センター前に落ちるヒットとなった。
 
 この日の大谷は4打数4安打、1本塁打、3打点の活躍で、打率.281、OPS.862まで上昇している。
 
 試合は、5回に3点を返されたものの、救援陣が無失点で繋ぎ、エンゼルスが5-3で勝利した。