データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



エンゼルス・大谷翔平、前田健太との第1打席は右翼スタンドへ飛び込む7号ソロ 全球変化球勝負

2019/06/12

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が11日(日本時間12日)、本拠地でのロサンゼルス・ドジャース戦に「3番・指名打者(DH)」で先発出場。前田健太投手とメジャーの舞台で1年ぶり2度目の対決で、第1打席に右翼への本塁打を放った。
 
 ともにロサンゼルスに本拠地を構える球団に所属する大谷と前田。2人の対決は昨季7月6日(同7日)以来となった。前回の対決では2打数無安打、1三振と前田に軍配が上がっている。
 
 初回、2死走者なしで迎えた大谷の第1打席。初球、この日初めてのカーブをみせられると、スライダーとチェンジアップで追い込まれる。フルカウントとなると、6球目、高めに浮いたスライダーを捉えると、打球はそのままライトスタンドへ突き刺さり、今季第7号の先制アーチとなった。
 
 
▽両チームの先発メンバーは以下のとおり。
<ロサンゼルス・エンゼルス>
1番(三)トミー・ラステラ
2番(中)マイク・トラウト
3番(指)大谷翔平
4番(右)コール・カルフーン
5番(捕)ジョナサン・ルクロイ
6番(左)ブライアン・グッドウィン
7番(一)ジャスティン・ボーア
8番(遊)ウィルフレッド・トバー
9番(二)ルイス・レンヒフォ
(投)キャム・ベドロージアン
 
 
<ロサンゼルス・ドジャース>
1番(左)ジョク・ピーダーソン
2番(三)マックス・マンシー
3番(指)ジャスティン・ターナー
4番(右)コディ・ベリンジャー
5番(遊)コリー・シーガー
6番(中)アレックス・バーデュゴ
7番(二)クリス・テイラー
8番(一)エンリケ・ヘルナンデス
9番(捕)オースティン・バーンズ
(投)前田健太

1 2