データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



エンゼルス・大谷翔平、菊池雄星から第6号ソロ! 圧巻の3者連続本塁打で大きくリード広げる

2019/06/09

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , ,



1番からの好打順であっという間の3得点

 花巻東高の先輩後輩にあたるシアトル・マリナーズの菊池雄星投手と、ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手が8日(日本時間9日)、エンゼルスの本拠地エンゼル・スタジアムでメジャー対決。第3打席は大谷が左中間への第6号ソロ本塁打を放った。
 
 エンゼルスの大谷は初回の第1打席で、俊足を生かして二塁への内野安打を放ち3点を先制する起点となった。しかし続く2回の第2打席は初球のカーブを弾き返すも一ゴロ。菊池に対してここまで2打数1安打としている。
 
 一方、1-3とリードを許したマリナーズは、3回にドミンゴ・サンタナ外野手のタイムリー二塁打によって1点を返し2-3と1点差に詰め寄った。
 
 それでも立ち上がりからイマイチ制球が定まらない菊池は、直後の守りで先頭のケバン・スミス捕手に二塁打、1死からは死球も与えるなど2死一、二塁と再びピンチを招く。しかしここは9番ルイス・レンジーフォ内野手を右飛に打ち取って無失点で切り抜けた。
 
 チャンスを逸して追加点を奪えなかったエンゼルスだが、4回に菊池に対して先頭のトミー・ラステラ内野手、マイク・トラウト外野手が連続本塁打を放ち5-2とリード広げる。
 
 さらに、迎えた大谷が菊池と3度目の対戦。大谷は真ん中に入った初球の75.2マイル(約121キロ)のカーブを捉えると、打球は左中間スタンドに飛び込む第6号ソロ本塁打となり、これで1番から3者連続本塁打。エンゼルスが菊池を攻略し6-2と主導権を握った。

1 2