データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



「花巻東対決」大谷翔平VS菊池雄星、第1打席は二塁内野安打 大谷が俊足生かし先制点の起点に

2019/06/09

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , ,



エンゼルスが打線繋がり3点先制

 花巻東高の先輩後輩にあたるシアトル・マリナーズの菊池雄星投手と、ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手が8日(日本時間9日)、エンゼルスの本拠地エンゼル・スタジアムでメジャー対決。第1打席は大谷が二塁への内野安打を放った。
 
 ついにMLBの舞台で花巻東高出身者同士の選手による対決の日がやってきた。菊池と3学年後輩の大谷。NPBでは通算5打数2安打3三振だったが、米国の地でどんな対決を見せるか大きな注目が集まる。
 
 休養のため1度ローテーションをスキップし中8日で登板したマリナーズの先発菊池は初回、先頭から2者連続でアウトに打ち取り、2死走者なしの場面で大谷と最初の対戦がまわってきた。
 
 初球は速球が内角高めに大きく外れ、2球目はストライクゾーンに来た内角高めの速球に空振り。そしてカウント1-1からの3球目、大谷は85.5マイル(約138キロ)の外角低めのスライダーを引っかけ、二塁へのゴロになるもギリギリのタイミングでセーフ。俊足を生かして内野安打をもぎ取った。
 
 菊池は続くアルバート・プホルス内野手に左翼への二塁打を浴び2死二、三塁のピンチを迎える。ここで5番のケバン・スミス捕手が右前へタイムリー安打を放ち大谷とプホルスが生還。エンゼルスが幸先良く2点を先制した。さらに菊池は一、二塁からセザー・プエヨ外野手にもタイムリー安打を浴びて3点目が入った。