データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



前田健太、5回1失点好投もドジャースはサヨナラ負け 平野佳寿は無失点で流れを呼び込む

2019/06/06

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・ドジャースの前田健太投手が5日(日本時間6日)、敵地でのアリゾナ・ダイヤモンドバックス戦に先発登板。5回1失点と好投したが、救援陣が打たれて勝ち負けはつかなかった。平野佳寿投手は8回に4番手として登板し、1回を無失点に抑えている。
 
 前田は、初回先頭から連続三振と見事な立ち上がりを見せると、3回まで走者を一人も許さないパーフェクトピッチングを披露した。2点リードの4回に、2死二塁から、4番ペラルタに適時二塁打を浴びたものの、5回までわずか2安打に抑え込む抜群の投球を見せた。
 
 一方の平野は、1点ビハインドの8回に4番手として登板。四球と安打で2死一、二塁のピンチを招いたが、6番のテーラーを右飛に打ち取って、無失点で切り抜けた。平野の投球が流れを呼び、その裏にダイヤモンドバックスは同点に追いつくと、延長11回裏、ペラルタがサヨナラ打を放ち、3-2でダイヤモンドバックスが勝利を収めた。
 
 この日、前田は5回(70球)を投げ、被安打2、奪三振7、与四球1、失点1の成績。平野は、1回(21球)を投げて、被安打1、与四球1、無失点の内容だった。