データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



エンゼルス・大谷翔平、2点差に迫る今季第4号2ラン! トラウトの驚異の粘りを活かす

2019/06/05

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が4日(日本時間5日)、本拠地でのオークランド・アスレチックス戦に「3番・指名打者(DH)」で先発出場。第3打席で今季第4号2ラン本塁打を放った。
 
 第1打席ではセンター前にヒットを放った大谷だが、第2打席は低めに決まるスプリットを振らされ空振り三振に倒れていた。0-4と大きくリードをされて迎えた6回の第3打席、アスレチックス先発モンタスとこの日3度目の対戦となる。
 
 前の打者トラウトが1死から7連続ファウルで粘ったのち、13球目に死球を受けて出塁。1死一塁から初球の速球を捉えると、打球はセンターフェンスを越え、2点差に迫る2ラン本塁打となった。
 
 試合は2-4でアスレチックスがリードしている。

1 2



  • 記者募集