データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



エンゼルス・大谷翔平VSマリナーズ・菊池雄星、NPB時代の対戦成績は?【編集部フォーカス】

2019/05/28

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , ,



 シアトル・マリナーズの菊池雄星投手が5月30日(日本時間31日、午前11時10分開始予定)、本拠地でのロサンゼルス・エンゼルス戦に先発するとみられている。最注目は花巻東高(岩手)の後輩である大谷翔平投手との対戦だ。
 
 一つの高校から生まれた2人のスターが海を渡って、メジャーリーグの舞台で対決する。今年からMLBに移籍した菊池は、ここまで12試合に登板(ショートスタート含む)し、3勝2敗、防御率3.82の成績。一方の大谷は、5月に靭帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)から復帰して以降、17試合に出場し、打率.227、2本塁打、9打点の成績となっている。
 
 NPB時代、菊池は埼玉西武ライオンズ、大谷は北海道日本ハムファイターズにそれぞれ所属。同一リーグにありながら、指名打者(DH)制のパ・リーグであることや、大谷が“二刀流選手”であることから、投手対打者での対決は2試合だった。今回は、日本時代の対戦を振り返る。

1 2 3