データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、前日のリベンジ!「チャレンジ」で内野安打もぎ取る 自身最長更新の11戦連続出塁

2019/05/26

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , ,



昨季初めて本塁打を放った左投手マイナーと対戦

 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手が25日(日本時間26日)、本拠地エンゼル・スタジアムでのテキサス・レンジャーズ戦に「3番・指名打者(DH)」で先発出場し、第2打席で内野安打をマークした。
 
 前日は3打数無安打ながら1四球で自身最長となる10試合連続出塁をマークした大谷は、この日レンジャーズの先発マイク・マイナー投手に対して昨季6打数2安打1本塁打。自身メジャーで初めて左投手から本塁打を放ったのがこのマイナーだった。
 
 大谷は初回、2死走者なしの場面で第1打席を迎え、まず速球2球を見送りカウント1-1とすると、その次の2球はスライダー、ナックルカーブをそれぞれ見逃しストライク、ファールとして1-2と追い込まれる。そして最後は外角高め93.5マイル(約150キロ)の速球に空振り三振を喫した。
 
 エンゼルスは0-0で迎えた3回、7番のコール・カルフーン外野手が右翼スタンドへ第10号ソロ本塁打を放ち先制に成功。投手戦になりつつある雰囲気の中でまず先手を取った。
 
 大谷の第2打席は4回の先頭打者。マイナーに対してスライダー2球で追い込まれると、その後はスライダーと速球、チェンジアップを織り込まれながらカウント2-2と粘る。
 
 そして8球目の外角低めのスライダーを引っかけると、打球は一塁へのゴロとなったが、前日チャレンジでアウトとなった時と同様にカバーに入った投手との競走で一旦はアウト判定に。しかし、エンゼルス側のチャレンジによって大谷の足が先にベースに着いていたとして判定が覆りセーフとなった。これによって大谷は自身最長を更新する11試合連続出塁となった。