データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、第3打席で強烈な当たりも一直 序盤で逆転したエンゼルスは好機で追加点奪えず

2019/05/25

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手が24日(日本時間25日)、本拠地エンゼル・スタジアムでのテキサス・レンジャーズ戦に「3番・指名打者(DH)」で先発出場し、第3打席は強烈な当たりの一直だった。
 
 大谷は、1点を追う初回の第1打席で左腕のドリュー・スマイリー投手に対してストレートの四球。その後、エンゼルスは2回にジョナサン・ルクロイ捕手のソロ本塁打、ブライアン・グッドウィン外野手の2ラン本塁打で逆転に成功した。
 
 大谷は、3回に先頭打者として第2打席を迎えると、初球のカットボールを引っ張るものの一ゴロ。全力疾走で一旦はセーフとなったが、レンジャーズ側のチャレンジによりアウト判定に覆った。
 
 3-1のまま試合は中盤に入り、5回に無死二、三塁という絶好のチャンスで大谷が第3打席に立った。大谷は初球の91.5マイル(約147キロ)の速球をファールチップとすると、続く2球目の80.3マイル(約129キロ)のカーブを再び引っ張ったが一直。第2打席に続いて強烈な打球だったが、追加点を生むことはできなかった。