データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、待望の今季本拠地初アーチ 2号2ランで6戦連続安打、エンゼルス連勝に貢献

2019/05/19

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , ,



昨季は本拠地で15発、今季も好相性の予感

 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手が18日(日本時間19日)、本拠地エンゼル・スタジアムでのカンザスシティ・ロイヤルズ戦に「3番・指名打者(DH)」で先発出場し、第2号2ラン本塁打を放つなど4打数1安打2打点だった。
 
 5試合連続安打中の大谷は初回、2番のマイク・トラウト外野手が通算250号となる第10号ソロ本塁打で先制した直後に第1打席に立ち、ロイヤルズ先発の右腕ジェイコブ・ジュニス投手のスライダーを捉えられず空振り三振に倒れる。
 
 その後、エンゼルスは2回にジョナサン・ルクロイ捕手のタイムリー安打で1点を追加。大谷は、3回に2死走者なしの場面で第2打席を迎えるも、今度は真ん中高め92.2マイル(約148キロ)の速球の前に中飛に打ち取られ、メジャー3年目の右腕の前に苦戦を強いられる。
 
 2点リードのまま試合は中盤に入り、大谷は6回に1死一塁の場面で第3打席に立った。ジュニスとこの日3度目の対戦となったが、その初球、やや内寄りの速球を強振すると、捉えた打球は空高く上がり大きな放物線を描いて右翼スタンドに入る第2号2ラン本塁打となった。これが大谷自身今季ホーム初本塁打。連続試合安打も「6」に伸ばした。
 
 米解析サイト『Statcast』によれば、39度の角度で上がったこの本塁打の打球初速は111マイル(約178.6キロ)で、最高到達点は152フィート(約46.3メートル)、飛距離は393フィート(119.8メートル)。滞空時間は6.6秒という長さだった。待望の一発に、球場に詰めかけたエンゼルスファンは大歓声。ホーム生還、ベンチに下がってもなおをその興奮は収まらなかった。
 
 大谷の2ランでリードを4点に広げたエンゼルスは、さらにコール・カルフーン外野手の犠飛で1点を追加。5-0として試合の主導権を握った。
 
 投げては、エンゼルス先発のルーキー右腕、グリフィン・キャニング投手が7回無失点と好投。5回、6回に走者を得点圏に進められるピンチを招いたが、決定打を許さず勝ち投手の権利を持って降板した。しかし、8回に登板したテイラー・コール投手が2本のタイムリー安打を浴びて3失点。5-3と2点差まで詰め寄られた。
 
 大谷は8回に第4打席を迎え、無死一塁でロイヤルズ2番手の左腕ジェイク・ディークマン投手と対戦。クロスファイア気味に150キロ以上の速球を投げ込む剛腕に対して、スライダーや速球でカウント2-2と追い込まれると、最後は6球目の外いっぱいの96.8マイル(約156キロ)の速球に空振り三振を喫した。
 
 エンゼルスはその後、ルクロイのこの日2本目のタイムリー安打で突き離し、最後は8回から登板していた3番手のタイ・バトリー投手が9回も3者凡退に抑えて6-3で勝利、2連勝とした。4試合ぶりの本塁打を放った大谷は4打数1安打2打点で打率を.286としている。昨季は22本塁打のうち15本をホームで放った大谷。今季はこれから何本の放物線を描いていくだろうか。