データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、第2打席は痛烈ライナーも遊直 エンゼルスは着実に得点重ね主導権握る

2019/05/18

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , ,



プホルスがAロッドに並ぶ歴代20位タイの通算3115安打

 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手が17日(日本時間18日)、本拠地エンゼル・スタジアムでのカンザスシティ・ロイヤルズ戦に「3番・指名打者(DH)」で出場し、第2打席は遊直に倒れた。
 
 自身今季初のホーム試合となった大谷は、ロイヤルズ先発の右腕ブラッド・ケラー投手に対して初回の第1打席で空振り三振。しかし、エンゼルスは続く2回にトミー・ラステラ内野手のタイムリー安打などで3点を先制する。
 
 大谷は3回の先頭打者として第2打席を迎え、初球からスライダーと速球に対してファール。1球ボールを見送り、4球目も速球をファールとして、カウント1-2から93.1マイル(約150キロ)の速球を弾き返すも、遊撃手の正面を突くライナーに打ち取られた。
 
 それでも、エンゼルスは5番のアルバート・プホルス内野手がアレックス・ロドリゲス氏に並ぶ歴代20位タイの3115安打となる右前安打を放つなど1死一、三塁のチャンスを作ると、コール・カルフーン外野手の内野ゴロの間に1点を追加。4-0とリードを広げた。