データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



ヤンキース傘下・加藤豪将、5戦ぶり安打は二塁打 打率3割キープ、4回に決勝のホーム踏む

2019/05/17

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , ,



 ニューヨーク・ヤンキース傘下3Aスクラントン・ウィルクスバレ・レイルライダースの加藤豪将内野手が16日(日本時間17日)、ピッツバーグ・パイレーツ傘下インディアナポリス・インディアンス戦に「8番・三塁」で先発出場。第2打席に二塁打を放つなど、チームの勝利に貢献した。
 
 2回の第1打席は一ゴロに倒れ、10打数連続無安打となった加藤。だが4回に回ってきた第2打席では、1ボールからの2球目、真ん中近くに入ってきた球を見逃さず、レフトへ運んで二塁打に。続くバーンズがライトへ安打を放ち、加藤は快足を飛ばしてホームイン。この得点が決勝点となった。
 
 第3打席、第4打席はともに左飛に倒れた加藤。この日は、4打数1安打、1得点の成績で、打率.304、OPS.925とした。チームは7-4で勝利している。