データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、復帰後4戦連続「3番・DH」も4打席目まで無安打 絶好機で速球の前に内野ゴロ連発

2019/05/11

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , ,



エンゼルスは中盤までに大量リード

 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手が10日(日本時間11日)、敵地オリオール・パーク・アット・カムデンヤーズでのボルティモア・オリオールズ戦に「3番・指名打者(DH)」で先発出場し、4打席目まで凡退している。
 
 前日に2安打1打点と復帰3戦目で複数安打を記録した大谷だったが、この日はオリオールズ先発の右腕ダン・ストレイリー投手に対して変化球で2三振。5回2死二、三塁の場面で対した2番手の右腕エバン・フィリップス投手にも96.3マイル(約155キロ)の速球の前に遊ゴロに倒れた。
 
 エンゼルスが8-2とリードした6回、大谷は2死満塁のチャンスで第4打席を迎え、再びフィリップスと対戦。第3打席と同様に内角の速球などで攻められ、カウント2-2からの5球目、内角の95.1マイル(約153キロ)の速球に差し込まれ三ゴロとなって4打席連続で凡退となった。
 
 試合は6回を終了した時点で、降雨のため中断している。