データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



エンゼルス本拠地ファンがっくり? 復帰間近の大谷翔平、プレー姿は5月中旬まで目の前で見られず

2019/04/29

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , ,



指揮官が30日からの3連戦での復帰否定

 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手が、30日(日本時間5月1日)から本拠地エンゼル・スタジアムで始まるトロント・ブルージェイズとの3連戦では復帰しないことが分かった。米公式サイト『MLB.com』が28日(同29日)に伝えている。
 
 エンゼルスのブラッド・オースマス監督は28日、右肘靭帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受け今季打者として復帰を目指している大谷の復帰時期について言及。30日から始まる本拠地でのブルージェイズとの3連戦シリーズでの復帰はないと明言した。
 
 大谷はこれまで順調にリハビリを進めており、本拠地で行っていた打撃練習でも快音を連発。28日まで3試合行われていた敵地でのカンザスシティ・ロイヤルズ戦には帯同せずトレーニングに励んでいた。
 
 エンゼルスはブルージェイズとの3連戦の後、4日(同5日)からメキシコでヒューストン・アストロズとの2連戦、米国に帰ってきてからは7日(同8日)から敵地でデトロイト・タイガースとの3連戦が控えている。タイガース戦からは15日(同16日)まで3カード連続で敵地での戦いが続く。本拠地に戻ってくるのは17日(同18日)からのロイヤルズ戦だ。
 
 今のところメキシコでのアストロズ戦での復帰の可能性が高いと現地メディアも報道しており、いずれにしても大谷のプレー姿が間近に迫っていることに変わりはない。万全の状態で復帰し、28日現在アメリカン・リーグ西地区最下位に沈むチームの起爆剤になることが期待される。