データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



12年最多勝左腕ゴンザレス、再びFAか 権利行使でヤンキース退団の可能性

2019/04/20

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , ,



FA市場の影響受けマイナー契約に

 ニューヨーク・ヤンキースのジオ・ゴンザレス投手が、チームを去り再びフリーエージェント(FA)となる可能性が浮上している。米メディア『SB NATION』が19日(日本時間20日)、伝えた。
 
 33歳のゴンザレスは2008年にオークランド・アスレチックスでメジャーデビュー。2012年からはワシントン・ナショナルズでプレーすると、同年に21勝を挙げ最多勝のタイトルを獲得。昨季もナショナルズとミルウォーキー・ブリュワーズで計10勝を挙げ、9年連続で2桁勝利を達成していた。
 
 実績は抜群のゴンザレスだったが、停滞するFA市場の影響を受け、開幕直前の3月20日(同21日)になってようやくニューヨーク・ヤンキースに加入。しかしマイナー契約での入団となり、今季はメジャーに昇格していなかった。
 
 メジャーに活躍の場を移したいゴンザレスだが、チームを去り、他球団で活躍のチャンスを掴むことになるかもしれない。
 
 ゴンザレスの契約にはオプトアウト(契約破棄)の権利が含まれており、20日(同21日)までにメジャーの25人ロースターに入っていなければ契約を破棄してFAになることができる。また、ゴンザレスは代理人のスコット・ボラス氏を解雇しており、心機一転再びFA市場に出るとも考えられている。
 
 移籍先としてはエースのジェイコブ・デグロム投手が負傷者リスト(IL)入りしたニューヨーク・メッツなどが考えられるが、同メディアはテキサス・レンジャーズも獲得候補だとしている。
 
 レンジャーズは18日(同19日)終了時点でアメリカン・リーグ西地区3位、10勝7敗で勝率.588と健闘しているが、シェルビー・ミラー投手が防御率9.00、エディソン・ボルケス投手が防御率7.04と開幕から大乱調。ボルケスに関しては右肘の張りで現在60日間の負傷者リストに入っており、頼れる先発投手を欲している状況にある。
 
 もしゴンザレスがレンジャーズ移籍となれば2011年以来のア・リーグ復帰となるが、果たして実現するだろうか。実績十分なだけに獲得したい球団は多そうだ。