データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



ツインズ、ポランコが今季MLB初サイクル安打 快挙達成&5安打はフランチャイズ史上2人目

2019/04/06

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , ,



快挙達成&5安打はフランチャイズ史上2人目

 ミネソタ・ツインズのホルヘ・ポランコ内野手が5日(日本時間6日)、敵地シチズンズバンク・パークでのフィラデルフィア・フィリーズ戦でサイクル安打を達成した。
 
 ポランコはこの日「2番・遊撃」で先発出場し、初回の第1打席にフィリーズ先発のニック・ピベッタ投手から中越えの三塁打を放つと、3回の第2打席で中前安打。そして、2-6と4点を追う5回には先頭打者として右翼スタンドに飛び込む第1号ソロ本塁打を放った。
 
 そして、快挙達成の瞬間は7回に訪れた。この回も先頭打者として打席に立ったポランコは、フィリーズ2番手のアダム・モーガン投手に対して左翼線への二塁打を放ち、サイクル安打となった。
 
 今季のメジャーリーグではこれが初のサイクル安打となり、ツインズではフランチャイズ史上15度目。1961年にミネソタに本拠地に移してからは11度目となった。
 
 ポランコは9回にも右前安打を記録し、この日5打数5安打1打点の大当たり。打率を前日までの.286から一気に.423と上昇させた。しかし、チームは4-10で敗れて今季2敗目を喫している。
 
 1試合5安打はポランコ自身のキャリアでも最多で、サイクル安打とともに5安打を記録したのは1929年のジョー・クロニン氏以来、フランチャイズ史上2度目の快挙となった。
 
 米公式サイト『MLB.com』によると、試合後にポランコは「相手投手の良い球を捉えることだけを考えていた。打席では本当に良い感覚があるよ」とコメント。今季から就任したロッコ・バルデリ監督も「ホルヘは非常に職人的。試合に向けてとてもよく準備しているし、このような選手を見ることは滅多にない」と日々の努力が実を結んだことを喜んだ。
 
 ポランコはドミニカ共和国出身の25歳。メジャー6年目を迎えた今季は、スプリングトレーニング(春季キャンプ)中に5年総額2575万ドル(約28億3000万円)で契約を延長した。
 
 2017年には133試合に出場し打率.256、13本塁打、74打点と活躍したが、昨季は77試合の出場にとどまる不本意なシーズン。今季はこのサイクル安打とともにブレイクして再建を図るチームに貢献していきたいところだ。

1 2