データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



菊池雄星、メジャー初勝利へ力投!王者相手に6回3失点 本拠デビューで味方打線も強力援護

2019/03/30

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , ,



味方の一発攻勢で援護もらい序盤からエンジン全開

 シアトル・マリナーズの菊池雄星投手が29日(日本時間30日)、本拠地Tモバイルパークでのボストン・レッドソックス戦に登板し6回3失点。堂々の投球を見せてメジャー初勝利の権利を手にした。
 
 米国、そして本拠地デビューとなった菊池。緊張感ある表情で憧れのマウンドに登ったが、初回は先頭打者のアンドリュー・ベニンテンディ外野手を外角低めの87.2マイル(約140キロ)のスライダーでハーフスイングの空振り三振を奪うと、昨季のリーグ最優秀選手(MVP)ムーキー・ベッツ外野手は93.8マイル(約151キロ)の速球で右飛。そして3番の昨季リーグ最多本塁打J.D.マルティネス外野手にも速球で押しこんで右飛に打ち取り、初回の立ち上がりを完璧な内容で三者凡退とした。
 
 前日に5本塁打を含む12安打12得点を挙げて快勝したマリナーズは、この日も出だしから打線が爆発。レッドソックス先発のネイサン・イオバルディ投手に対して、先頭のマレックス・スミス外野手が右翼スタンドへ第1号ソロ本塁打を放ち先制すると、2死後にドミンゴ・サンタナ外野手も2試合連発となる第3号ソロ本塁打を放ち、いきなり菊池に2点をプレゼントした。
 
 援護をもらって臨んだ2回、菊池は先頭の4番ザンダー・ボガーツ内野手に真ん中に入った91マイル(約146キロ)の速球を捉えられ、左中間スタンドに突き刺さる第1号ソロ本塁打となって本拠地初失点を喫する。しかし、その後はエデュアルド・ヌニェス内野手はスライダー、続くラファエル・デバース内野手は速球で2者連続空振り三振とすると、サム・トラビス内野手には右前安打を許したが、最後はジャッキー・ブラッドリーJr.外野手をスライダーで空振り三振を奪い無失点。この回は3つのアウト全てを空振り三振で取った。
 
 マリナーズは直後の攻撃で菊池とバッテリーを組んでいるオマー・ナルバエズ捕手が第1号ソロ本塁打を放って1点を追加。3-1となり、前日に続き一発攻勢で昨季チャンピオンのレッドソックスに対してリードを広げる形となった。
 
 好調な味方打線に背中を押されるように、菊池もエンジン全開。序盤を締めくくる3回、先頭の9番クリスチャン・バスケス捕手をスライダーで中飛、1番ベニンテンディもスライダーで左飛と簡単に2アウトとする。ベッツには75マイル(約121キロ)のカーブで三ゴロに打ち取って初回以来の三者凡退。指に上手く掛かり勢いある速球に加えて、キレのある変化球のコンビネーションで序盤まで強力打線を翻弄した。菊池は3回までに45球(ストライク27球)を投げ被安打2、無四球、奪三振4、失点1。

1 2