データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



元巨人マイコラス、カージナルス開幕投手に抜擢 指揮官「我々の“主人公”になる」

2019/02/24

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , ,



昨季リーグ最多18勝、32登板でQSは20度

 セントルイス・カージナルスがマイルズ・マイコラス投手を今季の開幕投手に任命したことを発表した。米公式サイト『MLB.com』が23日(日本時間24日)、伝えている。
 
 かつて2015年から2017年にかけて読売ジャイアンツで計31勝と活躍し、昨季MLB復帰1年目でナショナル・リーグ最多となる18勝を挙げたマイコラスが、今季のレギュラーシーズン開幕戦に抜擢された。
 
 同サイトによると、大役を任されたマイコラスは「非常に大きな名誉だ」とコメント。昨季は登板した32試合全てで先発し、うちクオリティー・スタート(QS=6イニング以上投げて自責点3以下に抑える)を収めたのは20試合と安定感抜群だっただけに、最初の試合を勝利で飾りチームに勢いをもたらすためには当然の抜擢と言える。
 
 指揮官のマイク・シルト監督も「昨年の成績からすれば当然だ。彼はシーズンをスタートさせる我々の“主人公”になる」と話しており、一気にエースにのし上がった右腕に絶対の信頼を寄せている。
 
 昨季88勝74敗でナショナル・リーグ中地区3位だったカージナルスだが、地区優勝とポストシーズン進出には2015年以来遠ざかっている。そんな中で目指すものにたどり着くためには監督と言う通りマイコラスの「主役級」の活躍は不可欠だ。
 
 この日オープン戦に初登板したマイコラスは、マイアミ・マーリンズ相手に先発し2回を投げて1奪三振を含む無安打無失点と好投。本番へ向けて順調な調整を進めている。