データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



「完全に健康」ダルビッシュに大きな期待 今季復帰し“劇的な影響”を与える選手の筆頭に

2019/02/06

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , ,



MLB公式サイト「ドジャースのナ・リーグ3連覇阻む」

 米公式サイト『MLB.com』は5日(日本時間6日)、「今季、故障から復帰しチームに劇的な影響を与える可能性がある選手」を特集。その筆頭に、シカゴ・カブスのダルビッシュ有投手が挙げられた。
 
 特集記事の最初に名前が挙げられたダルビッシュは、昨季右肘の骨棘(こつきょく)除去手術を受け8試合の登板にとどまり、1勝3敗、防御率4.95という成績だったが、手術後の回復は順調。同サイトは「完全に健康であるように見える」と断言している。さらにチームとしては、ダルビッシュが離脱したことによってトレードで獲得したコール・ハメルズ投手の残留も決まったことで「ドジャースのナショナル・リーグ3連覇を阻むチャンスを持っている」と期待を込めた。
 
 カブスの先発ローテーションを見てみると、昨季18勝のジョン・レスター投手、14勝のカイル・ヘンドリクス投手、13勝のホセ・キンターナ投手、加入後4勝を挙げたハメルズらがいる。ここにダルビッシュが1年間ローテーションを守ることができれば、リーグ屈指の先発陣を誇ることになる。
 
 ダルビッシュの他に同特集で名前が挙げられたのは、左膝の手術を受けたロサンゼルス・エンゼルスのアルバート・プホルス内野手、右肘靭帯再建手術(トミー・ジョン手術)からの復帰を目指すロサンゼルス・ドジャースのコーリー・シーガー内野手、昨夏に臀部の手術を受けたサンフランシスコ・ジャイアンツのバスター・ポージー捕手、それぞれ膝と背中を故障したヒューストン・アストロズのホセ・アルトゥーベ内野手とカルロス・コレア内野手のコンビなど総勢9人だ。
 
 どの選手もメジャーリーグを代表する選手で、これからも活躍が期待される選手であるだけに、スプリングトレーニング(春季キャンプ)で順調な調整を進めて元気にメジャーのグラウンドに戻ってきてほしいものだ。

1 2