データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



巨人移籍の岩隈久志、メジャー7年間の軌跡 メジャー通算63勝、15年にはノーヒッターも【編集部フォーカス】

2019/02/07

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , ,



 日本野球機構は1月30日、岩隈久志投手が読売ジャイアンツに支配下選手登録されたことを公示した。2011年オフに海外フリーエージェント(FA)権を用いて米球界に移籍した右腕は、8年ぶりに日本球界へ復帰することとなった。
 
 岩隈は、堀越高から1999年ドラフト5位で大阪近鉄バファローズ(現オリックス・バファローズ)に入団。2004年には、15勝2敗の成績で最多勝、最高勝率の投手二冠に輝いた。同年オフ、球界再編の波を受け、新規参入球団である東北楽天ゴールデンイーグルスへ移籍すると、2008年には21勝を挙げるなど獅子奮迅の活躍をみせた。2011年オフに海外FA権を行使し、シアトル・マリナーズへ移籍した。
 
 米国では7年間マリナーズ一筋で、地元ファンには“クマ”の愛称で親しまれた。主に先発投手として、通算150試合に登板し、63勝39敗、2セーブ、714奪三振、防御率3.42、WHIP1.14と高い勝率を誇った。
 
 昨季は右肩の故障により、メジャーでの登板はかなわず、マイナー1Aでのリハビリ登板2試合にとどまった。2019シーズンからは、日本球界に復帰し、巨人でプレーする。
 
 今回は、岩隈がメジャーで過ごした7年間を振り返る。

【次ページ】2012年
1 2 3 4 5 6 7 8