データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



インディアンス、今季20勝右腕のクルーバーを放出か 交換の最有力はドジャース・プイグ、ウッドら

2018/11/30

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , ,



 クリーブランド・インディアンスがコーリー・クルーバー投手を交換トレードで放出する可能性があるという。相手球団の候補はロサンゼルス・ドジャースやミルウォーキー・ブリュワーズ、アトランタ・ブレーブスで、いずれも複数人を放出して、クルーバーを狙うと見られる。米公式サイト『MLB.com』が29日(日本時間30日)、伝えた。
 
 クルーバーは2011年、インディアンスでメジャーデビュー。3年目となる2013年には11勝を挙げて先発ローテーションの核として定着した。翌年も18勝の大活躍でチームのエースに成長。2015年こそ9勝にとどまったが、2016、2017年はともに18勝を挙げた。
 
 今季もその剛腕ぶりを発揮し、33試合に登板して215回を投げ20勝7敗、防御率2.89の好成績。今季こそ逃したが、2014年と2017年にはアメリカン・リーグのサイ・ヤング賞を受賞したメジャーを代表する先発投手だ。
 
 インディアンスはクルーバーに加え、今季17勝のカルロス・カラスコ投手、12勝のトレバー・バウアー投手の強力先発陣を軸に、アメリカン・リーグ中地区を制覇。チーム力を落とさないよう、クルーバー放出の場合は経験豊富な選手に加え、将来的に先発ローテーションの核を担える若手有望株を獲得したい方針だ。
 
 最も有力な相手球団はドジャースで、球団同士で交渉を進めているようだ。強肩強打のヤシエル・プイグ外野手に、左腕のアレックス・ウッド投手、若手有望株のヤディアー・アルバレス投手らを加えた複数選手を放出すると予想されている。2年連続でワールドシリーズ敗退している同球団にとって、クルーバーを獲得できれば大きな戦力アップとなりそうだ。
 
 ブレーブス、ブリュワーズは現状話し合いを詰めているという情報はないものの、インディアンスのチーム事情によっては十分トレードの可能性がありそうだ。インディアンスが決断した場合、ブレーブスは若手有望株のカイル・ライト投手、ブリュワーズもコーリー・レイ投手、キーオン・ブロクストン外野手を放出すると見られている。
 
 超大物同士のトレードが実現すれば、MLBの勢力図は一変しかねない。世界一を目指すチームは思い切った勝負に出る可能性もありそうだ。