データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



ドジャース、劇的弾で7時間20分の死闘制す! レ軍は9番手イオバルディが熱投も力尽く

2018/10/27

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・ドジャースが27日(日本時間同日)、本拠地ドジャー・スタジアムで行われたボストン・レッドソックスとのワールドシリーズ第3戦に延長18回の末に3-2で勝利。7時間を超える歴史的一戦を制し、シリーズ対戦成績を1勝2敗とした。
 
 ドジャースは、2-2の同点で迎えた延長15回から7番手として前田健太投手が登板。前田は無死一、二塁から送りバントを好フィールディングで処理すると、その後は延長16回まで5者連続三振と圧巻の投球で2回無失点と好投した。
 
 そして試合は延長17回に突入し、時間も6時間40分を経過してポストシーズン史上最長ゲームに。
 
 日付が変わって迎えた延長18回、延長12回から登板し7イニング目となったレッドソックス9番手ネイサン・イオバルディ投手に対し、ドジャースは先頭のマックス・マンシー内野手がフルカウントから90.1マイル(約145キロ)のカットボールを捉え、打球は左中間スタンドのギリギリに入るサヨナラ本塁打となった。
 
 7時間20分にも及んだ激しい死闘は、ドジャースが3-2で勝利。本拠地ロサンゼルスに戻ってまず1勝を挙げシリーズ通算1勝2敗とし、第4戦を迎えることとなった。

1 2