データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



Rソックス、本拠地でまさかの大乱調… 初戦落とすも前向く「次のページめくった」

2018/10/14

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , ,



 ボストン・レッドソックスが13日(日本時間14日)、本拠地フェンウェイ・パークで行われたヒューストン・アストロズとのアメリカン・リーグ優勝決定シリーズ第1戦で投打が噛み合わず敗戦を喫した。
 
 世界一に輝いた2013年以来5年ぶりのワールドシリーズ進出を狙うレッドソックスは、第1戦のマウンドを今季12勝を挙げた左腕クリス・セール投手に託した。
 
 しかし、そのセールの制球が序盤から安定しない。初回の先頭打者をいきなり四球で歩かせると、2回には3四死球で2死満塁のピンチを背負い、ジョージ・スプリンガー外野手に2点タイムリーを浴びて先制を許す。結局セールは計5四死球で4回2失点で降板を余儀なくされた。
 
 レッドソックスは5回に相手先発のジャスティン・バーランダー投手から2点を奪い同点としたが、3アウト目のアンドリュー・ベニンテンディ外野手に対するストライク判定に抗議したアレックス・コーラ監督が退場処分に。
 
 指揮官を欠いて迎えた直後の6回、レッドソックスは2番手のジョー・ケリー投手が先頭打者を死球で出塁させると、2死後にカルロス・コレア内野手にタイムリー安打を浴びて2-3と勝ち越された。
 
 ベンチは堪らず3番手でマット・バーンズ投手をマウンドに送ったが、バーンズから6番手のヒース・ヘンブリー投手までの4投手が全員四球を記録するなど乱調。
 
 9回から登板した5番手のブランドン・ワークマン投手に至っては、先頭のジョシュ・レディック投手にソロ本塁打を浴びた後に2四球。直後にユリ・グリエル内野手にダメ押しの3ラン本塁打を打たれた。
 
 最後に突き放され2-7で敗れたレッドソックスは、結局投手陣が計13四死球を記録する大乱調。打線も3安打2得点に抑え込まれ、投打でアストロズの前に及ばなかった。
 
 米公式サイト『MLB.com』によれば、セールは試合後「コントロールを見失っていた」と話し、「それを取り戻して、今後できる限り最善を尽くしたい」と次回登板へ向けてリベンジを期すコメント。
 
 また、3打数無安打に終わった主砲のJ.D.マルティネス外野手は「我々はすでに次のページをめくっている。試合は終わり、話し合いも終えている。明日はまた新しい日になる」と第2戦へ向けて切り替えができていると意気込みを語った。
 
 レギュラーシーズンで108勝しホームアドバンテージを得ながら、本拠地での初戦を落としたレッドソックス。上原浩治投手を擁して世界一に輝いた2013年以来のワールドシリーズ進出へ向けて、あすの第2戦は先発にデビッド・プライス投手を立てる。