データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



カージナルス、右腕ウェインライトとの来季契約を発表 2度の最多勝、37歳も球団は経験評価

2018/10/12

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , ,



 セントルイス・カージナルスは11日(日本時間12日)、アダム・ウェインライト投手と来季の1年契約を結んだと発表した。
 
 ウェインライトは今季8試合に登板し、2勝4敗、防御率4.46の成績。2014年からの5年契約が終了となる今季、37歳という年齢もあって引退の可能性も浮上していたが、来季もプレーすることが決まった。
 
 2005年にカージナルスでメジャーデビューした右腕は、2009年、2013年に最多勝のタイトルを受賞するなどエースとして活躍した。近年は靭帯損傷や左アキレス腱断裂など、けがとの戦いが多く成績も低迷。だが、ローテーション投手の一角としてチームを支えていた。
 
 米メディア『ESPN』によると、カージナルスのビル・デウィットJr.オーナーは「われわらのチームにとって、彼の価値は単なる成績だけにとどまらない」とコメント。ウェインライトの選手としての能力だけでなく、経験や人柄の評価が契約延長につながったようだ。
 
 キャリアのゴールが近づいてきているウェインライト。果たして来季も活躍し、2011年以来の世界一にチームを導けるだろうか。