データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



昨季王者アストロズ、猛打爆発で大量11得点 3連勝で地区優勝S進出

2018/10/09

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , ,



 ヒューストン・アストロズ対クリーブランド・インディアンスのアメリカン・リーグ地区シリーズ第3戦が8日(日本時間9日)、インディアンス本拠地プログレッシブ・フィールドで行われた。アストロズが11-3で勝利し、地区シリーズ突破を決めた。
 
 アストロズは1点を追う5回、ジョージ・スプリンガー外野手がマイク・クレビンジャー投手の初球を捉え、左翼へのソロ本塁打を放って同点に追いついた。
 
 直後の裏にインディアンスに追加点を許したアストロズ。1-2で迎えた7回無死一、三塁のチャンスでホセ・アルトゥーベ内野手がインディアンス2番手のトレバー・バウアー投手から遊ゴロを放ち、またも同点とした。敵失や四球で1死満塁となおもチャンスは続き、マーウィン・ゴンザレス外野手の2点適時打二塁打で逆転に成功した。
 
 さらに8回には、スプリンガーのこの日2本目の本塁打などで一挙6得点。終盤の猛攻で11-3の大差をつけ、地区優勝シリーズへ駒を進めた。
 
 投げては、先発ダラス・カイケル投手が5回2失点。2番手コリン・マキュー投手が2回無失点などとリリーフ陣も好投し、インディアンスを計7安打3失点に抑えた。
 
 リーグ優勝決定シリーズは12日(同13日)から始まり、ニューヨーク・ヤンキースかボストン・レッドソックスの勝者と対戦する。