データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



Rソックス、16得点圧勝で地区S突破王手! ホルトがPS史上初のサイクル安打達成

2018/10/09

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , ,



 ボストン・レッドソックスとニューヨーク・ヤンキースによるアメリカン・リーグ地区シリーズ第3戦が8日(日本時間9日)、ヤンキースの本拠地ヤンキー・スタジアムで行われ、レッドソックスが大勝。2勝1敗でシリーズ突破へ王手とした。
 
 ヤンキースは6日(同7日)の第2戦で田中将大投手が先発し好投。1勝1敗のタイに戻して本拠地での第3戦を迎えることとなった。
 
 ヤンキースのルイス・セベリーノ投手、レッドソックスのネイサン・イオバルディ投手の両先発で始まった試合は2回、レッドソックスがクリスチャン・バスケス捕手のタイムリー安打で1点を先制。そして、レッドソックスは続く3回にも指名打者J.D.マルティネス外野手の犠飛、ラファエル・デバース内野手の内野ゴロの間の得点で2点を追加し、3-0とリードを広げた。
 
 一方のヤンキースは、100マイル(約161キロ)前後の速球を武器とするイオバルディに対して苦戦を強いられる。3回は先頭のグレイバー・トーレス内野手がチャレンジの末にショート内野安打で出塁するが、後続が倒れ序盤まで無得点のイニングを重ねる。
 
 レッドソックスは、不安定な投球を続けるセベリーノから4回に2本の安打と四球で無死満塁のチャンスを作り、セベリーノをマウンドから引きずり下ろす。そして、2番手のランス・リン投手に代わってからも押し出し四球を選んで1点を追加。なおも満塁でアンドリュー・ベニンテンディ外野手の走者一掃の3点タイムリー二塁打など3本のタイムリー安打を集め10-0と早くも2ケタ得点差とした。
 
 大量援護をもらったイオバルディは、4回に内野ゴロの間に1失点を喫したが、7回1失点の好投でリリーフ陣に後を託した。レッドソックス打線はその後も攻撃の手を緩めず7回に1点、8回に3点を追加し14-1と試合を決定づける。
 
 ヤンキースは、ブルペンに残る勝ちパターンで投入する投手しか残っていなかったため、9回のマウンドに捕手であるオースティン・ロマインを送り込む。ロマインは2死から四球を与え、続くブロック・ホルト内野手にはライトスタンドへの2ラン本塁打を浴びた。それまで中前安打、右三塁打、右中間二塁打としていたホルトはこれでサイクル安打を達成。ポストシーズンでのサイクル安打達成はメジャー史上初。
 
 出場選手全員安打となる18安打で16点を挙げたレッドソックスは、9回をエデュアルド・ロドリゲス投手が無失点に抑えて16-1で大勝。シリーズ成績を2勝1敗として突破へ王手をかけた。

1 2