データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



田中将大、指揮官も絶賛の好投でヤ軍は1勝1敗で本拠地へ「本当に効率的。良い流れ作った」

2018/10/07

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , ,



自身のツイッターでも勝利を報告

 ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手が6日(日本時間7日)、敵地フェンウェイ・パークでのボストン・レッドソックスとのアメリカン・リーグ地区シリーズ第2戦に先発登板し5回1失点と好投。チームは快勝で1勝1敗のタイとした。
 
 田中は初回1点先制した直後の守りで無失点に抑えると、3点リードとなった続く2回は3者凡退。4回にザンダー・ボガーツ内野手にソロ本塁打を浴び1点を返されたが、敵地の熱狂的ファンの歓声に飲み込まれることなく後続を打ち取り反撃を食い止めた。
 
 田中は5回をこの日2度目の3者凡退に打ち取り交代。この日はスプリットやスライダーなど変化球を主体に78球(ストライク48球)を投げて被安打3、与四球1、奪三振4、失点1の成績でリリーフ陣に後を託した。
 
 ヤンキースは、6回に田中の女房役ゲーリー・サンチェス捕手のこの日2本目となる3ラン本塁打で追加点を挙げ6-2で勝利。シリーズを1勝1敗のタイとした。
 
 地元紙『ニューヨーク・ポスト』によると、ヤンキースのアーロン・ブーン監督は試合後「マサヒロは素晴らしかった」と田中を絶賛。「彼の投球は本当に効率的で、制球良く早めの勝負をしていた。レッドソックス打線も頑張ってはいたが、スプリットに苦労していたようだ」と話し、「素晴らしい内容で5回を投げ、良い流れを作ってくれた」と宿敵を相手に敵地で主導権を握った試合運びを称えた。
 
 また、田中も自身のツイッターを更新し、「ディビジョンシリーズ第2戦に勝利することが出来ました」と報告。「今日は休日なのでゆっくりと休みたいと思います」と綴った。
 
 次戦の第3戦は移動日を挟んで8日(同9日)の本拠地ヤンキー・スタジアムで行われる。田中が作った良い流れを、チームが今度はホームで引き続き生かしていけるか注目が集まる。

1 2