データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、第4打席にタイムリー内野安打放ち3安打目 1試合3安打以上は今季4度目

2018/09/29

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手が28日(日本時間)、本拠地エンゼル・スタジアムでのオークランド・アスレチックス戦に「4番・指名打者」で先発出場。第4打席でこの日3安打目となる投手へのタイムリー内野安打を放った。
 
 大谷は、右腕マイク・ファイアーズ投手に対して2回の第1打席で左前安打を放ち、その後今季10個目の盗塁となる三盗を成功させて先制のホームを踏んだ。3回は、マイク・トラウト外野手による2ラン本塁打の直後の第2打席でライトへ二塁打。
 
 そして、5点リードの5回の第3打席では、1死一、三塁のチャンスで3番手の右腕ライアン・ダル投手からレフトへ犠飛を放ち今季60打点目を記録。スタンドには届かなかったが、4番の仕事をしっかりこなした。
 
 エンゼルスは、先発のハイメ・バリア投手が4回2/3を無失点。2番手のテイラー・コール投手も2回1/3を投げ無失点と試合の主導権を渡さず優位に試合を進める。
 
 終盤7回の攻撃では、1死三塁からトラウトが敬遠四球で歩かされ、一、三塁となって続く大谷が第4打席を迎えた。大谷は5番手ディーン・キーケファー投手と対戦し、カウント2-2からの8球目、外角低め77マイル(約124キロ)のスライダーに腕を伸ばしながらバットに当て、打球は投手の左に転がるタイムリー内野安打に。
 
 これで9月5日(同6日)に4安打をマークして以来の1試合3安打。3安打以上を記録するのは今季4度目となった。そしてこの日2打点目を記録し、今季61打点としている。