データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平「4番・DH」で第3打席に同点タイムリー 左腕からバット折られながら中前へ

2018/09/26

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手が25日(日本時間26日)、本拠地エンゼル・スタジアムでのテキサス・レンジャーズ戦に「4番・指名打者(DH)」で先発出場し、第3打席に中前への同点タイムリー安打を放った。
 
 シーズン終了後1週間以内に右肘のトミー・ジョン手術(靭帯再建手術)を受けることが決まった大谷。しかしシーズン終了までは「打者」として戦い抜く。この日の相手先発は右腕のヨバニ・ガヤード投手で、初回1死一、二塁で迎えた第1打席は初球の87.1マイル(約140キロ)のチェンジアップにバットを折られながら一直。一塁走者のマイク・トラウト外野手が戻り切れずに併殺となった。
 
 エンゼルスは3回に先発のマット・シューメイカー投手がジョーイ・ギャロ外野手に第40号ソロ本塁打を浴び1点を先制される。1点を追う4回、大谷は無死二、三塁のチャンスで第2打席に立ち、カウント1-1から93.5マイル(約150キロ)の速球を弾き返したが、痛烈な当たりもショートの正面を突く遊ゴロ。三塁走者がホームを狙ったがタッチアウトとなり、同点はならなかった。
 
 そのまま試合は6回に進み、エンゼルスは1死三塁から2番のトラウトが宣告での敬遠四球で歩かされ一、三塁とチャンスを迎える。ここで大谷が3度目の打席に入るところで相手投手が左腕のマーティン・ペレスに交代。大谷は、カウント2-2から6球目の外角低め85.9マイル(約138キロ)のスライダーを腕を伸ばしながら弾き返すと、バットを折られながら運んだ打球は中前に落ちる同点タイムリー安打となった。エンゼルスはさらに相手守備のエラーなどより4-1と勝ち越しに成功している。