データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



グリエル兄弟が同日に2発含む3安打! アストロズの兄は自己新7打点「非常に特別なこと」

2018/09/22

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , ,



 ヒューストン・アストロズのユリ・グリエル内野手が21日(日本時間22日)、本拠地ミニッツメイド・パークでのロサンゼルス・エンゼルス戦で2本塁打を含む3安打でキャリアハイの7打点の大活躍を見せた。
 
 かつて横浜DeNAベイスターズで活躍した34歳のユリ・グリエルは初回、エンゼルス先発の左腕アンドリュー・ヒーニー投手に対して第11号満塁本塁打を放つと、3回には2打席連発となる第12号2ラン本塁打をレフトスタンドに叩き込んでキャリアハイの6打点目。そして、5回の第3打席でも2番手のテイラー・コール投手からタイムリー安打を放ち7打点目を記録した。
 
 8回の第4打席では投ゴロに倒れたが、この日は4打数3安打(2本塁打)7打点の大爆発で打率を.283とした。アストロズはグリエルの活躍もあり打線が繋がって11得点。投げては、7回12奪三振3失点の力投で11-3と大勝し、世界一に輝いた昨季に続いて2年連続のポストシーズン進出を決めた。
 
 そして、大活躍した兄・ユリの弟、トロント・ブルージェイズの24歳ルルデス・グリエルJr.内野手もこの日タンパベイ・レイズ戦で2本塁打を含む3安打2打点と活躍。兄弟そろって同日に2本塁打という快挙を達成した。
 
 地元紙『マイ・サンアントニオ』によると、ユリ・グリエルは兄弟で活躍したことに「両親は、素晴らしいニュースを聞いて何をしたら良いか分からないぐらい幸せそうだったよ。弟とはそれぞれ良い試合をする日はあるが、同じ日に素晴らしい試合をするのは非常に特別なことだ」と喜びのコメント。
 
 アストロズのA.J.ヒンチ監督もグリエルについて「彼は弟に追い付こうとしていたと思う。他球場のスコアボードを見るたびに、いつも打点や本塁打、安打を意識していた。楽しかったよ」とベンチでの様子を語っていた。
 
 メジャー屈指の先発投手陣に加え、グリエルを含めた強力打撃陣でポストシーズン進出を決めたアストロズ。2年連続のワールドチャンピオンへ向けて、チームの雰囲気も良さそうだ。

1 2