データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷、内野安打で2試合連続安打 エンゼルスは10失点完封負け

2018/09/20

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は19日(日本時間20日)、敵地でのオークランド・アスレチックス戦に「4番・指名打者(DH)」で先発出場。2試合連続の安打を記録し、3打数1安打だった。チームは0-10で完封負けを喫した。
 
 大谷は相手先発の左腕ブレット・アンダーソン投手に2回の第1打席、4回の第2打席はいずれも内野ゴロに取られた。7回の第3打席はショートへの内野安打を放ったが、代打を送られ交代した。
 
 試合は、エンゼルスが0-0で迎えた4回裏、先発フェリックス・ペーニャ投手が無死一、二塁のピンチを招くと、ジェド・ラウリー内野手に先制の2点適時二塁打を許した。後続にも連打され、この回で6点を失った。
 
 さらに5回裏は、2番手パーカー・ブライトウェル投手が2死一、二塁の場面でスティーブン・ピスコッティ外野手に3ランを打たれ3失点。7回にも1点を失った。
 
 打線が振るわなかったエンゼルスは0-10で敗れた。