データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



前田健太、3者三振の完璧リリーフ! 地区首位ドジャースはサヨナラ勝ちで首位攻防2連勝

2018/09/19

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , ,



ロサンゼルス・ドジャースの前田健太投手が18日(日本時間19日)、本拠地でのコロラド・ロッキーズ戦にリリーフ登板し、1回3者連続三振の快投を見せた。チームは延長戦の末にサヨナラ本塁打で劇的勝利を飾っている。
 
前日の勝利でナショナル・リーグ西地区首位に浮上したドジャースは、同2位ロッキーズとの大事な一戦でエース左腕クレイトン・カーショウ投手が先発。7回を投げて失点2(自責1)、被安打3、与四球5とコントロールに苦しみながらも好投した。打線は中盤までに2点を取るも、5回以降は無得点と重苦しい展開。ドジャースのデーブ・ロバーツ監督は前田に同点の8回のマウンドを託した。
 
前田はロッキーズの強力クリーンナップと対決。3番ノーラン・アレナド内野手、4番マット・ホリデイ外野手、5番イアン・デズモンド外野手をわずか10球(ストライク9球)で3者連続三振と完全に封じ込めた。特に、ホリデイに対してはこの日の最速となる93マイル(約150キロ)のストレートを3球続けて空振り三振と圧倒。後半戦に転向したリリーフに適応したことを見せつける投球となった。
 
試合はその後延長に入り、10回裏にドジャースがこの日外野手として出場していたクリス・テイラー内野手のサヨナラ本塁打で劇的な勝利。地区優勝争いは直接対決で2連勝としたドジャースが1.5ゲーム差をつけ一歩リードした。