データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷、20号ソロ含む2安打で打率.293 田澤が完璧救援もエ軍は1点差負けで3連敗

2018/09/16

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手が15日(日本時間16日)、本拠地エンゼル・スタジアムでのシアトル・マリナーズ戦に「4番・指名打者(DH)」で先発出場し、1本塁打を含む4打数2安打1打点と活躍したが、試合は1点差で敗れた。
 
 エンゼルスは初回、先発右腕のエラスモ・ラミレス投手に対し、3番マイク・トラウト外野手の第34号2ラン本塁打で2点を先制すると、直後に大谷が速球を捉えバックスクリーンへの第20号ソロ本塁打を放った。メジャーリーグで日本人選手が20号本塁打以上を放ったのは、2010年にエンゼルスで21本塁打を記録した松井秀喜氏以来8年ぶりの快挙だ。
 
 大谷は、3点リードの3回2死一塁で迎えた第2打席ではフルカウントからカットボールの前に見逃し三振。その後エンゼルスはジャスティン・アプトン外野手のソロ本塁打で4-0とリードを広げたものの、先発のアンドリュー・ヒーニー投手がクリストファー・ネグロン内野手とミッチ・ハニガー外野手にそれぞれソロ本塁打を浴び、2番手のジャスティン・アンダーソン投手もタイムリー安打を許して4-3と1点差に詰め寄られた。
 
 再び突き離したいエンゼルスは6回、マリナーズ2番手のマット・フェスタ投手から先頭のトラウトがライトへのエンタイトル二塁打で出塁すると、続く第3打席を迎えた大谷もスライダーを弾き返し、痛烈な打球は右前安打。二塁走者の一気にホーム生還を狙って一度はセーフと判定されたが、マリナーズ側のチャレンジによって判定が覆りアウトとなり、追加点には至らなかった。
 
 試合はそのまま8回に進み、エンゼルスは4番手のホセ・アルバレス投手と5番手ジム・ジョンソン投手で2死満塁のピンチを招く。ここで6番手のウィリアムズ・ヘレス投手が3番のロビンソン・カノ内野手にセンターへ走者一掃の3点タイムリー二塁打を打たれ、4-6とついに逆転を許してしまった。
 
 なおも2死二塁とピンチが続いたが、この回4人目の投手となる7番手の田澤純一投手がネルソン・クルーズ外野手をカウント1-1から91.8マイル(約148キロ)のシンカーで左飛に打ち取り、何とか猛攻を断った。
 
 田澤は9回も3者凡退と危なげない投球を見せ、この日は1回1/3、13球(ストライク9球)を投げて無安打、無四球、奪三振1、無失点の完璧な成績で防御率を7.36とした。
 
 エンゼルスは9回、大谷の第4打席から始まる攻撃だったが、大谷はマリナーズのクローザーであるエドウィン・ディアズ投手に対して2球で追い込まれ、カウント0-2から最後は90.9マイル(約146キロ)のスライダーに空振り三振を喫した。続くアプトンのソロ本塁打で1点差に詰め寄ったが、反撃はここまでとなり、エンゼルスは4-5で敗れて3連敗。大谷はこの日4打数2安打(1本塁打)1打点で今季21度目のマルチ安打を記録し、打率を.293とした。