データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



田中将大、6回無失点の好投で今季12勝目! ヤンキースは14安打11得点で零封圧勝

2018/09/15

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , ,



 ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手が14日(日本時間15日)、本拠地ヤンキー・スタジアムでのトロント・ブルージェイズ戦に先発登板し、6回無失点と好投。自身3連勝で今季12勝目を挙げた。
 
 田中は初回、2死から四球を与えるも無失点の立ち上がり。直後の攻撃で、打線が爆発し、3本のタイムリー安打を集めて一挙5得点と早速試合の主導権を握る。
 
 大量援護をもらった田中も2回を3者凡退とすると、3回は初安打を許しながらも冷静に後続を打ち取って無失点。難なく序盤までを投げ終えた。
 
 田中は8-0とリードを広げた直後の4回も内野ゴロ2つと外野フライで無失点に抑えると、5回は1死一、二塁とピンチの場面を迎えたが、ビリー・マキニー外野手とローデス・グリエルJr.内野手を連続三振に仕留めて反撃を許さず。
 
 6回にアンドリュー・マカッチェン外野手の第18号ソロ本塁打で9-0としたヤンキース。田中も直後のマウンドを無失点で切り抜け、リリーフ投手に後を託した。田中はこの日6回90球(ストライク64球)を投げ被安打4、与四球2、奪三振8、無失点で防御率は3.47。1日(同2日)のデトロイト・タイガース戦の2回から続く連続無失点イニングを「20」に伸ばしている。
 
 ヤンキースは、8回にディディ・グレゴリアス内野手の第24号ソロ本塁打など2点を加えダメ押し。そのまま11-0で大勝し、田中が自身登板3連勝とともに今季12勝目を挙げた。チームの連勝も「2」でストップしている。