データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、4打数2安打で今季9度目3打点 9回には投手と膝同士が衝突する交錯も

2018/09/09

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手が8日(日本時間9日)、敵地ギャランティード・レイト・フィールドでのシカゴ・ホワイトソックス戦に「4番・指名打者(DH)」として先発出場し、4打数2安打3打点と活躍。チームの勝利に大きく貢献した。
 
 大谷は、7月25日(同26日)に本塁打を放っている先発右腕のジェームズ・シールズ投手と対戦し、初回2-0とリードした直後の第1打席で速球を捉えて右前安打。直後に今季8個目の盗塁を決め、ジャスティン・アプトン外野手のタイムリー安打によって追加点のホームを踏んだ。
 
 エンゼルスは、1点を返されて迎えた3回無死二、三塁のチャンスで、大谷の前を打つ3番マイク・トラウト外野手が2打席連続本塁打となる第33号3ラン本塁打を放ち6-1とリードを広げる。続く大谷はフルカウントからボール球を見極めて四球。そして、初回と同様に盗塁を試みたが、捕手の好送球もあって今季2度目の盗塁失敗となった。
 
 大谷は、6-3と3点差に詰め寄られた5回に第3打席を迎え、1死一塁という場面だったが、2番手の左腕のアーロン・バマー投手の遊ゴロ。その後7回の第4打席も4番手の左腕ケイレブ・フレア投手と対戦し左飛と凡退。相手の継投策にはまる形となってしまった。
 
 しかし、膠着した展開が続く中で迎えた9回、大谷が無死満塁の絶好のチャンスで第5打席に入り、6番手の左腕ジェイス・フライ投手から87.3マイル(約140キロ)のカットボールを捉えると、打球はライト線を破る走者一掃の3点タイムリー三塁打を放った。大谷の三塁打は今季2本目。
 
 その後アンドレルトン・シモンズ内野手の打席で相手投手が暴投する間にホームを狙って生還。しかし、その際に投手の左膝が大谷の右膝と衝突し、大谷は一瞬苦悶の表情を浮かべながらうずくまったが、すぐに立ち上がってスタッフらとともにベンチに下がった。
 
 エンゼルスはここからさらに2点を加え12-3で大勝。大谷は4打数2安打3打点の大活躍で打率を.290としている。また、3打点以上を挙げたのは今季9度目となった。9回に投手と交錯し、その後の状態が心配ではあるが、エンゼルスの残り試合は20試合。大谷投手が打者としてどこまで成績を伸ばせるか注目される。