データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、19号3ランで3戦連続弾 城島氏超え、メジャー1年目の日本人本塁打記録を更新

2018/09/08

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は7日(日本時間8日)、敵地でのシカゴ・ホワイトソックス戦に「5番・指名打者(DH)」で先発出場。3回の第2打席、日本人選手メジャー1年目の本塁打記録を更新する19号3ランを放った。
 
 4日(同5日)の敵地レンジャーズ戦から3戦連続の本塁打。5日(同6日)には右肘靱帯に新たな損傷が発覚したが2本塁打と打棒を爆発させた大谷。松井秀喜氏(16本)を抜き、最多記録を持つ城島健司氏の18本に並んでいた。
 
 そしてこの日、苦手とする左腕から19号アーチを描いた。
 
 2回の第1打席は先発左腕ロドンの前に三ゴロ。だが、1-1の3回1死一、二塁で迎えた第2打席は、3球目の94マイル(約151キロ)速球をセンターへ運ぶ3ランとした。

1 2