データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



平野、2死満塁で登板も暴投で決勝点献上 ダイヤモンドバックスは延長10回で黒星

2018/09/07

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , ,



 アリゾナ・ダイヤモンドバックスの平野佳寿投手が6日(日本時間7日)、本拠地チェイス・フィールドでのアトランタ・ブレーブス戦にリリーフ登板した。延長10回2死満塁で登板したが、暴投で決勝点を献上。チームは6-7で接戦を落とした。
 
 先制を許したダイヤモンドバックスだったが、0-4の4回にニック・アーメッド内野手の適時二塁打などで3得点。さらに4-6で迎えた9回にA.J.ポロック外野手の犠飛とポール・ゴールドシュミット内野手の本塁打で同点に追いついた。
 
 試合は6-6で延長10回に突入。平野は、2死満塁のピンチで9番手としてマウンドに上がった。2番エンダー・インシアーテ外野手に3球目に投じたスプリットが暴投となり、三塁走者が生還。インシアーテは中飛に打ち取ったが、痛恨の1点を献上した。
 
 10回裏、ダイヤモンドバックスは無得点に終わり、平野が決勝点を献上した形となった。
 
 今季67試合目の登板となった平野、この日は1/3回を投げ、無安打無失点。防御率1.97とした。