データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



アスレチックス主砲が3年連続40本塁打&100打点 指揮官「これは奇跡的な数字」

2018/09/02

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , ,



 オークランド・アスレチックスのクリス・デービス外野手が1日(日本時間2日)、本拠地オークランド・コロシアムでのシアトル・マリナーズ戦で第40号本塁打を放ち、3年連続40本塁打以上と100打点以上を達成した。
 
 「4番・指名打者(DH)」として先発出場したデービスは、5点を追う8回に先頭打者としてマリナーズ5番手のアレックス・コロメ投手と対戦。カウント2-1から外角高め94.3マイル(約152キロ)の速球を捉え、打球はライトスタンドに飛び込むメジャートップの第40号ソロ本塁打となった。
 
 これでデービスは3年連続40本塁打と100打点を達成。メジャー史上21人目の快挙となった。米公式サイト『MLB.com』によると、デービスは「胸につかえてた事が取り除けて、良い気分だよ。(40本塁打のことを)しばらくずっと考えていたんだ。これからもチームの勝利のためにできることをしていかなければいけない」とコメント。また、アスレチックスのボブ・メルビン監督は「これは奇跡的な数字だ。彼はオークランドにいたどんなパワーヒッターにも引けを取らない打者になる」と称えた。
 
 試合は反撃及ばず7-8で惜しくも敗れ、アメリカン・リーグ西地区首位のヒューストン・アストロズとの差は2.5ゲームに広がったが、まだまだ逆転できる圏内にいることは変わりない。なお、3位マリナーズとの差は4.5ゲームに縮まっている。

1 2